4.土地の歴史と喪失

 

侵略や強制移動な どによる「ホームランド」と呼ぶべき土地の喪失は、固有の土地を中心とする重層的なナラティヴを構築してきた。土地簒奪、土地喪失、ディアスポラ、強制移 動や難民体験に加え、土地開発による自然荒廃などの歴史的背景の中で、移民政策、先住民と侵略者の自然観や土地観の相違、土地と共同体、土地と自己アイデ ンティティ、ローカリズムとグローバリズムなどの関係が検証され、土地の歴史化を模索する作品が創出されてきた。一方、21世紀に入り加速するグローバリ ゼーションの中で、特定の土地と人との関係は希薄になり、空港やショッピングセンターなど、どこでもありどこでもない場所(「非場所」)なる空間に身を置 くスーパーモダンな生活体験がより日常化する中で、土地と人との関係も再定義が試みられ、惑星主義やグローバル・ディアスポラも視野に入れた議論が展開し ている。具体的には『オルタナティヴ・ヴォイスを聴く――エスニシティとジェンダーで読む現代英語環境文学103選』第4章を参照されたい。   

(横田由理)

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





                                                                                      テー マ一覧へ