5.いきものを語る

 

いきものは、昨今のポストコロニアル批評理論隆盛のなかで 環境文学における最も重要なテーマのひとつとなっている。いきものの語りはさまざまな神話的歴史的影響を受けて、人間との二項対立を色褪せさせ、人間とい きものの境界の消失、いきものの文化的構築性が議論されている。自然の大破壊や野生動物の殺戮の一方で、人間と動物両者に相互依存の関係性とハイブリッ ディティを見出し、人間と非人間との二元論的世界からの脱却を目指すダナ・ハラウェイのような生物学者も登場し、いきものの語りに新たな地平を切り開いて いる。具体的には『オルタナティヴ・ヴォイスを聴く――エスニシティとジェンダーで読む現代英語環境文学103選』第5章を参照されたい。                 

(水野敦子)





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





                                                                           テーマ一覧へ