第23回 エコクリティシズム研究会
 (2010年夏季)

→ プログラムの英語版はこちらをクリックして下さい。

     

 第23回 エコクリティシズム研究会 (2010年夏季)

日時:2010年8月9日(月)10:00−18:00

場所:広島大学東千田キャンパス(部屋と場所の確認はホームページをご覧ください)

午前の部

開会の辞   伊藤詔子(松山大学)

<総会> 10:00―10:30   

<シンポジアム> 10:40―12:40 

アメリカ・ルネッサンス期の風景再考――人種とジェンダーを中心に

司会:辻 祥子(松山大学)

講師:藤江啓子(愛媛大学)「『タヒチの女のように』
                       ――ハーマン・メルヴィルの『ピアザ』を読む」

大島由起子(福岡大学)「フレデリック・ダグラスとメルヴィルが見たアメリカの風景」

大野美砂(東京海洋大学)「ホーソーンと風景」

辻 祥子 「都市と自然の風景――リディア・マリア・チャイルドと同時代男性作家との比較」

午後の部

ワークショップ:ポストコロニアル・エコクリティシズムの可能性を探る

<ワークショップ1> 13:20―15:00 

MELUS 2009年夏号(Vol. 34, no. 2)― “Ethnicity and Ecocriticism”

司会: 吉田美津(松山大学)

担当: 伊藤詔子、岸野(早水)英美(松江高専)、水野敦子(山陽女子短期大学)、

松永京子(ペンシルヴァニア州立大学)

<ワークショップ2> 15:10―16:20 

MFS(Modern Fiction Studies) 2009年秋号(Vol. 55, no. 3

“Modern Fiction and the Ecological: the Futures of Ecocriticism”

司会: 横田由理(広島国際学院大学)

担当: 三重野佳子(別府大学)、中島美智子(米子高専)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

講演 16:30―17:50

講師  風呂本惇子(城西国際大学教授)

    「『オメロス』とカリブ海」
司会 伊藤 詔子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

閉会の辞   横田由理

問合せ先 エコクリティシズム研究会事務局/http://ns1.shudo-u.ac.jp/~shiotah/ecoc.html

     790-8578 松山市文京町4−2松山大学研究センター伊藤研究室


これまでの研究会(研究会創設―第22回研究会)についてはこちらをクリックして下さい。

     
                       トップページに戻る